業者選びに役に立つコンサルティング・セミナーに関連した業者をご紹介します。

コンサルティング事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

経営コンサルタント選びのポイントは?

会社の方針として今度経営コンサルタントを雇うことになりましたが、私自身は外部の人間で会社の情報を良く把握していない者に頼ることに大きな意味を感じていなくて、正直経営コンサルタントが実際にどのような仕事をしているのか理解していないので、あまり良い印象を持っていません。
MBAや中小企業診断士の資格を持っている人もいるようですが、特別な資格がなくてもできるということだし、内部情報を外部に漏らすことになると思うので、できれば社内で何とかした方がいいと思っています。
とは言っても上の方針には逆らえないので、どうせお願いするのであれば信頼して一緒に仕事ができるコンサルタントにお願いしたいと思っているのですが、経営コンサルタント選びのポイントをできる限り教えてください。


回答

成功事例の多いコンサルティング会社がおすすめです。


確かに経営コンサルタントになるためには特別な資格はありませんし、高いお金を払っても望みを叶えてもらえないケースも多々あります。
したがって、経営コンサルタント選びの一番のポイントは、成功実績がたくさんあるかどうかで、依頼する前にこれまで手掛けた事例をきちんと確認することをおすすめします。
成功事例をたくさん持っているコンサルティング会社は、しっかりとしたノウハウを持っているので、最初に面会した時に、コンサル料も併せてそこを確認してみましょう。
優秀なコンサルタントであれば、業種や業務に合わせてたくさんの知識があるので、少し話をしただけで優秀かどうかがすぐに分かります。
頭脳明晰なことがコンサルタントには求められますが、実は体力も必要な仕事であることから、できればある程度年齢も若くて、経験豊富な人を選ぶことをおすすめします。
コンサルティング会社自体の経営状態を確認するのも良い方法で、当然自分たちの会社が傾きかけている場合は、信頼して一緒に仕事を行うことはできません。
他の顧客との取引期間の長さも、良いコンサルティング会社かどうかを見極めるための大きなポイントで、当然きちんと成果を出してもらえれば、自然に次の仕事にも繋がりますので、取引期間が平均して長い方が、優秀なコンサルタントが多く在籍していることを証明していることになります。
個人経営の場合は、その人の経歴などを見れば、優秀かどうかのおおよその見当をつけられます。

PageTop