業者選びに役に立つコンサルティング・セミナーに関連した業者をご紹介します。

コンサルティング事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

よいコンサルタントを見分けるポイントはありますか?

社長が長い付き合いの友人から、故意にしているという経営コンサルタントの人を勧められ、先日私の勤める会社にその方が来社されました。いかにも、というようなピシッと決まったスーツでご自身が顧問をされている会社での実績の話や、顧客と一緒に海外出張に度々同行していること、幅広い人間関係を持っていて協力者が多いことなど、私からすると「よくできた自慢話」を聞かされてる気分になりました。うちの社長は真面目で実直な性格で、本当にその人柄の良さで堅実に会社を伸ばしてこられました。確かに伸び悩んではいますが、そのコンサルタントに来てもらい経営戦略をゆだねるなんて賛成出来ません。
よいコンサルタントとそうでないコンサルタントを見分けるポイントはありますか?
本当にコンサルティングが入って会社が良くなりますか?

回答

一番信用力のあるコンサルタントは明確に即答できる人です


一般的に経営コンサルティングは企業の経営上の課題を明らかにし、解決するための助言をする職業とされ、その行為に対して報酬を受けます。簡単に言えば、クライアントの収益を上げることが仕事です。腕のいいコンサルタントはクライアントの経営状況を聞いた瞬間、活性化のためのストーリーが頭に浮かぶと言われています。深い知識や経験値に加え、業界や社会構造を知り得た柔軟なアイデアがあるからこそ、企業が契約するのです。スピード力が問われる現代、コンサルタントの仕事も同じで、その場でクライアントの問題に即答できるかが問われます。中には、これまでの実績の話や目の前のクライアントに関係のない話を長々とする人がいます。スピードが大切と言われる中で、無駄話をしているコンサルタントは期待できるでしょうか。人間関係や横のつながりを持っていることは悪いことではありません。あらゆる問題に対しクライアントに有益に働くことがあるからです。
また、根本的なことですが、経営コンサルタントを探す前に企業として現在の課題は何かを認識しているかが大切です。その上でコンサルタントに依頼しようと判断された場合、その課題を解決するのに相応な人を探さなくてはいけません。
コンサルタントにも得意性があり、その企業と同じ分野で実践を続け、結果を出してきた人を人選するのが得策です。
そして、コンサルタントの判断が全てではないということを忘れず、企業としての戦略を磨くことが必要でしょう。

PageTop