業者選びに役に立つコンサルティング・セミナーに関連した業者をご紹介します。

コンサルティング事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

コンサルティングとは具体的に何ですか?

私は会社経営に携わっているのですが、さまざまな問題を抱えており、なかなか上手く目標を達成することができずに悩んでおり、このままでは会社の存続に危機が訪れるかもしれないと焦っているのですが、そんなときに経営コンサルタントという存在がいることを知りました。
しかし、コンサルタントやコンサルティングというものをよく理解しておらず、本当に役に立つものなのか半信半疑な部分があるため、コンサルティングとは一体どのようなものなのか説明してほしいです。

回答

相談に乗って課題を見つけ解決策を提示します


コンサルタントとはさまざまな場面で用いられている言葉ですが、たとえば、経営コンサルタントの場合は、クライアントである企業をいかに儲けさせるか、そのためにできる限りのことをしてくれるのがコンサルティングのサービスとなっています。
コンサルティングそのものがサービスであり、これを利用することによって、コンサルタントがクライアントを導いていき、どのような問題が存在しているのかを明らかにしたり、それを解決したりするのです。
実際にコンサルティングを受ける場合には、まずコンサルタントとしっかり話し合いをすることになり、そこでさまざまな質者を受けてヒアリングが行われるのですが、それに加えて企業の経営に関するデータも見てもらい、これらを総合して企業の状態について判定してもらいます。
そして、現状を理解してから、それをどのようにして改善していくべきなのか、そのためのプランを考えることになるのですが、実際にコンサルタントが考えたプランをどう扱うのかは企業が決めることです。
場合によってはそのプランをすぐに採用して企業の経営状態の改善に役立てることもあるのですが、取締役会においてコンサルタントの提示したプランが否決されるというケースもあり、これはケースバイケースでしょう。
優秀なコンサルタントに相談することができれば、企業がどのような問題を抱えているのかをしっかりと見抜いてもらうことができ、現在企業が何をするべきなのか提言してもらうことができるため、それは今後企業が経営していく際の大きな指針となるものでしょう。
定期的にコンサルティングを受けることによって、企業が正しい道を進めるようになり、もし間違えた道を進んでいるようであれば、コンサルタントがしっかりとサポートしてくれて、いろいろなアドバイスを受けることができるため、企業経営は安定するでしょう。
コンサルティングはこのように重要な役割を果たす存在であり、企業経営に関わらずあらゆる分野において重宝される存在です。

PageTop