業者選びに役に立つコンサルティング・セミナーに関連した業者をご紹介します。

コンサルティング事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

経営コンサルティング会社を利用するメリットは?

8年前に、以前勤めていた会社を自主退社して会社を立ち上げました。
独立する数年前から準備を進めていて、顧客になってもらえる企業の数も計算して、段取りもきちんととってから起業に踏み切ったことから、お陰様で出足は順調で、最初は4人でスタートした会社も、毎年スタッフを増員して、今では30名ほどに膨れ上がりました。
いずれは上場企業を目指して、昨年までは増益増収できていましたが、今期はお得意様の倒産の影響もあって、現在売り上げは昨年の4割減というかなり厳しい状態です。
自分たちでは万策尽くした感があり、限界を感じて経営コンサルタントのお世話になることを考えています。
もちろん利用するコンサルティング会社や、担当するコンサルタントの力量によって結果も全然変わってくることは理解していますが、経営コンサルタントを利用するメリットとデメリット、そして利用の際の注意点などを教えてください。


回答

心から信頼できるコンサルティング会社を選ぼう。


経営に行き詰ったときに、経営コンサルティング会社は経営者の駆け込み寺となる存在であり、経営コンサルタントを利用するメリットには、自分たちでは思いつかない情報やスキルやノウハウを移入できることがあります。
経営コンサルタントは、業務運営体制に不備や問題があれば、それを数多くのデータを基に見直しを図り、正しい方向に導いてくれます。
そのためには、豊富な経験と知識と情報量を持つ、コンサルティング会社を選択する必要があり、それを見分けるためには、自分たちと似通った起業の業績を改善したことがあるかどうかを確認する必要があります。
得意分野と不得意分野は必ずありますので、利益のために何でも安請け合いするような会社とは付き合わない方がいいでしょう。
その他にも、専門家の目から見て財務内容がどのようになっているかを確認してもらうことができます。
経営コンサルタントには、会計士や税理士を兼任していたり、大手銀行に勤務していたなどの経歴をもっている人も多く、売上が良くても、資産と負債のバランスが悪い場合もありますので、その辺の改善策も指導してもらえます。
最新の業界の情報や常識も取り入れられるメリットなどもありますが、当然費用がかかることは大きなデメリットとなり、失敗しても経営コンサルタントには責任はないことは十分に理解して、心から信頼できるコンサルティング会社に依頼しましょう。

PageTop