業者選びに役に立つコンサルティング・セミナーに関連した業者をご紹介します。

コンサルティング事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

コンサルタントと契約するコツはありますか?

私は会社を経営しているのですが、行き詰まっておりこのままでは経営が破綻に近づいてしまいます。
そこで、このような状況を打開するためにコンサルタントに相談することを検討しているところです。
しかし、これまでにコンサルタントを利用したことがなく、よくわかっていないことが多いです。
コンサルタントと契約をするにあたって、失敗しないためのコツがあれば教えてもらいたいです。

回答

提供されるサービスや報酬などをよく確認して慎重に検討しましょう


多くの企業がコンサルタントを利用しており、うまくいけば有益なアドバイスを受けることができます。
しかし、コンサルタントを名乗ってサービスを提供している会社は日本にたくさん存在しており、それぞれ質が大きく異なっています。
また、コンサルティングの契約の内容にも注意するべきであり、こちらが不利な契約を結ばされるケースもあります。
たとえば、コンサルタントに不満をいだいて契約を解除しようと思っても、自由に解除することができない契約を交わしていたということもあるのです。
こういう事態を避けるためには事前に契約書の内容についてよく確認しておくことが大切です。
コンサルタントに依頼する会社の多くは、危機的な状況に陥っていて、藁にもすがる思いで焦ってコンサルタントと契約することがよくあります。
しかし、安易に契約を結んでしまうと後悔する結果が待っているため気をつけましょう。
一度契約を結んでしまうと契約書の内容には拘束力があるため、後で不満や文句を伝えたとしても対応してもらえないことが多いです。
そこで、コンサルタントの契約をするまえに、本当に相手が信頼できるかどうかよく考えてみましょう。
また、設定されている報酬は適切なのか、提供を受けるサービスは具体的にどういった内容のものなのかよくチェックして慎重に検討しましょう。
素人では契約書をチェックしてもなかなか内容が理解できないことがあるかもしれません。
そんなときには弁護士に契約書をチェックしてもらうことで内容に問題がないのか確認してもらうことができます。
もし相手が契約を急かしてくる場合には、契約内容に何らかの問題が生じている可能性があるため注意しましょう。
担当者が一人で判断するのではなく、できるだけ周りの人とも相談をして決めることが大切です。
以上のことを意識してコンサルタントの契約をすれば、きっとコンサルティングが会社に利益をもたらしてくれるでしょう。

PageTop